極上の赤身肉

皆さんこんにちは

岡山市の個室焼肉こいのぼり中央町ヒルズ店の店長福武です。

今回は、お客様にご好評いただいている『赤身肉』をご紹介します^_^

皆さん、赤身肉ってご存知ですか~??

牛肉って全部赤いのではとお思いではないですか?

牛肉でよくサシが入ってるお肉を「霜降り肉」と言われますが、肉の中に脂肪があるものを言います。

これに対して、肉の中に脂肪が少ない肉を「赤身」と呼んでいます。

赤身肉とは、脂肪が少なく赤い色の肉の部位です。

牛ひれ、牛もも、などの脂肪が少ない部位が代表とされています。

 

 

昨年あたりから確実に来ている「肉食」ブーム。

その中でも注目は赤身肉

高タンパクで、脂がない分、低カロリー。
噛み締めるほどにじんわりくる肉の食感。
陸のマグロともいうべき味わいは、じわじわと人気が出て、
スーパーの店頭でも赤身肉を見かけることが増えて来ています。

そこで、個室焼肉こいのぼり中央町ヒルズ店でも

赤身肉の登場です。

もも肉について!?

imgres (2)

一般的に牛モモ肉は総重量で20Kg程度(半頭分)あります。
牛モモ肉は大きく2つの部位に分かれます。

1 内モモ(ウチヒラ)
2 丸モモ(シンタマ・マル)

ひとつの部位はちょうど10kg程度です。

内モモは、後ろ股の付け根の内側に位置する部位の事です。
肉のきめがやや粗いのですが、脂肪は少なく、赤身の多い部位です。
牛肉の部位の中では、そとももと並んで大きな肉塊となっているところです。
かたまりや大きな切り身で使う料理にむいています。
ローストビーフや「たたき」用のさくどりをするには、かなり整った形状で
取り扱える利点があります。
焼肉や煮込みなどにはもちろんのこと、かなり広い範囲の牛肉料理に向いています。
外国では、ラウンドステーキと呼ばれ、健康志向にも適するステーキ用としてかなり
普遍的に利用されています。

丸モモは、シンタマ「芯玉」、マルとも言います。
内モモの下位にある球状をした赤身肉で丸い形状から、こう呼ばれます。
アメリカでは「ナックル」とも呼ばれています。
赤身肉の塊で、きめが細かくやわらかいため、焼肉やステーキでも人気の部位です。
丸モモは、さらに「マルシン」「カメノコウ」「マルカワ」「ヒウチ」などに分けることができます。
過去において東京の焼肉屋さんはこのマルシンをロースと呼んでいたようです。
個室焼肉こいのぼり中央町ヒルズ店では
焼肉にあう極上の赤身肉として、牛肉の中でもっともヘルシーなモモ肉の
「マルシン」「カメノコウ」「ヒウチ」を是非ご賞味くださいませ。

福武 勇二
岡山の個室焼肉こいのぼり
〒700-0836 岡山市北区中央町6-22中央町ヒルズ 101
TEL:086-238-8129
営業時間:17:00〜24:00
(ラストオーダー23:30)
定休日:月曜日

電話でのお問合せはこちらをタップ
2015-09-30 | Posted in お知らせ, 焼肉, 焼肉部位説明No Comments »